2010年06月15日

重体の男性患者死亡=抗がん剤投与ミス―九大医療センター(時事通信)

 九州大学病院別府先進医療センター(大分県別府市)で、抗がん剤を過剰に投与された後重体となっていた70代の男性患者が8日、死亡した。県警別府署によると、死因は多臓器不全。
 同センターは投与ミスを認め、別府署に届け出ている。同署は今後、司法解剖結果などを踏まえ、関係者を聴取する方針。 

【関連ニュース】
投与ミスで患者重体=抗がん剤、過剰に
興和テバと日本化薬、バイオ後発薬の開発・販売で提携
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加

亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
菅首相が所信表明演説 財政再建へ超党派会議 年金議論 消費税上げ視野(産経新聞)
菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)
「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲―民主の小沢氏(時事通信)
posted by イモト ヨシオ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。