2010年04月02日

週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)

 枝野幸男行政刷新担当相は4月1日の記者会見で、「私自身が現場に出向いて実情を把握し、それを踏まえた規制改革や特区についての(問題)提起をしていきたい」と述べ、週内にも特区に関する実態調査を行うことを明らかにした。

 枝野担当相は過去の特区申請について、「現在進行形で各省折衝を政務官レベルぐらいまででやってもらっている」と、見直し作業を行っている現状を説明。近く結果を公表する考えを明らかにした。また、今後の特区の対象として医療や介護を例示した上で、「先行事例をつくっていく観点から、特区だけでなく、場合によっては規制改革そのものについても積極的に打って出たい」と述べ、各地域で包括的に規制を緩和する「スーパー特区」の必要性を示した。


【関連記事】
混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」−長妻厚労相
「消費者、患者の観点で規制見直しを」−行政刷新会議分科会が初会合
仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相
省内事業仕分け、公開へ―厚労省
仕分け第2弾の公益法人選定、「なかなか難しい」―枝野担当相

<消費者庁>不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令  (毎日新聞)
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める(産経新聞)
<変死>資材置き場に遺体 「殺された」親族が通報 北九州(毎日新聞)
<詐欺>桑名市元課長を起訴 名古屋地検(毎日新聞)
京浜東北・宇都宮・高崎線運転見合わせ…人身事故(読売新聞)
posted by イモト ヨシオ at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。